会長挨拶

2020-2021年度 国際ロータリー 
ホルガ-・クナーク会長のテーマ

Rotary Opens Opportunities =
ロータリーは機会の扉を開く

「ロータリーは機会の扉を開く」のテーマの下
ロータリーとは、クラブに入会するというだけでなく、「無限の機会への招待」である。 私たちのあらゆる活動が、どこかで、誰かのために機会の扉を開いています。奉仕の行いは、その大小にかかわらず、助けを必要とする人たちのために機会を生みだすものである。奉仕プロジェクトを通じて会員自身や受益者の人生をより豊かにするための道を開くのがロータリーである。

2020-2021年度 国際ロータリー会長方針

より大きなインパクトをもたらす /参加者の基盤を広げる
参加者の積極的なかかわりを促す /適応力を高める

 

第2580地区【活動方針】

会員増強

2

公共イメージの向上

3

ロータリーデーの開催













2020-2021年度クラブ運営方針

【ロータリアンであることに誇りを持って行動しよう!】

東京練馬中央ロータリークラブ
会長 尾島 昇

1、 誇りを持って【クラブライフを楽しむ】

2、 誇りを持って【例会に参加する】

3、 誇りを持って【人とコミュニケーションを計る】

4、 誇りを持って【奉仕活動を実践する】

5、 地区補助金プロジェクトを実現する。(ディスレクシアPJT)